木材保存剤の種類/特徴

木材の保存処理とは、木材に保存剤を含浸させて、腐れ・シロアリなどの劣化を遅らせ木材の耐久性を向上させる技術です。処理方法には、<加圧注入処理>、<深浸潤処理>、<浸漬、塗布、吹付けなどの表面処理>があり、用途や目的に応じて選定します。なかでも、<深浸潤処理>は当社独自の方法で、加圧注入処理と同等の性能「AQ2種(JAS K3相当)」で、処理による寸法変化がないなどの画期的な製品です。

保存処理薬剤の種類

商品名 タナリスCY ペンタキュア
ニューBM
ペンタキュア
ECO30
サンプレザー
OPエース
サンプレザー
OPエースST
サンプレザー
PW-96
薬剤
概要
性質 水溶性 水溶性 水溶性 油溶性 油溶性 乳化性
記号 CUAZ AAC AZNA CYBI - -
有効
成分
銅化合物

シプロコナゾール
DDAC DDAC

テブコナゾール

イミダクロプリド
シプロコナゾール

ビフェントリン
シプロコナゾール

ビフェントリン
テブコナゾール

エトフェンプロックス

IPBC
色調 薬剤 青緑色 無色透明 無色透明 無色透明 無色透明 乳白色

処理
木材

モスグリーン 無着色
無着色 無着色 無着色 無着色
用途 土台
製品Page
   
建材
製品Page
公園
製品Page
   
土木
製品Page
     

規格
認証

JWPA
※1
A-5324 A-5056 A-5325 A-5457 A-5474 A-5295
JIS K 1570
※2
JIS K 1571
※2
JAS
※3
AQ
※3
処理方法 加圧注入処理 深浸潤処理 表面処理 浸漬処理
安全性 木材の処理養生後は、降雨など水に濡れても主成分はほとんど溶け出しません。建築基準法で使用が禁止されている「クロルピリホス」は使用していません。また有害性の高い6価クロム、ヒ素は使用していません。シックハウス対策の規制を受ける「ホルムアルデヒド」の放散量は、薬剤処理しない木材と同等です。
廃棄処理 有害な物質は使用していませんので、通常の廃棄物(事業系の場合は産業廃棄物)として適切に処理してください。
備考 ※1 JWPA:公益社団法人日本木材保存協会(弊社で取得している認定書は薬剤認定書ダウンロードから閲覧・印刷できます。)
※2 JIS:日本産業規格(日本産業標準調査会のWEBサイトにてJIS K 1570、JIS K 1571の検索閲覧が可能です。)
※3 JAS・AQ:JAS・AQ認証ダウンロードページにて当該規格の解説を掲載しております。(弊社で取得している認定書は同ページから閲覧・印刷できます。)

加圧注入処理

注薬缶に木材を入れ、減圧することにより木材中の空気を排出し、缶内に充満させた木材保存剤(薬液)を、高い圧力をかけながら木材内へ深く含浸(注入)させます。用途に応じて、「タナリスCY」、「ペンタキュアECO30」 「ペンタキュアニューBM」の3種類の保存剤が選べます。

深浸潤処理

弊社独自の処理技術であり、全面超噴射処理装置により、木材保存剤をインサイジング加工した木材に吹付け、含浸させる方法です。処理材は高い寸法安定性を有すると同時に、加圧注入と同等の保存性能であるAQ2種(K3)相当)の保存品質を付与することができます。木材保存剤は「サンプレザーOPエース」を使用します。

浸漬処理(工場処理)

木材保存剤(薬液)を溜めた槽(浸漬槽)に木材を漬け、木材表面に木材保存剤を付着させる方法です。工場の管理された工程で処理を行うので、天候等の影響を受ける建築現場での処理に比べて、品質的に優れた方法と言えます。住宅・品確法の劣化対策における地面から1mまでの部材の防腐・防蟻処理をあらかじめ工場で行うことができる利点があります。