NEWS

お知らせ

木材保存剤の分析方法改良について研究発表を行いました

ビフェントリンの分析方法改良について、公益社団法人日本木材保存協会第32回年次大会(2016年5月25日 メルパルク東京)において弊社技術開発部の池田学スタッフが研究発表を行いました。ビフェントリンは新薬剤サンプレザーOPエースの主成分です。
本研究は処理された木材中の有効成分の量(薬剤吸収量)を分析するためのもので、分析の邪魔になる様々な抽出成分を除去し、効率よく精度の高い分析方法を実現させました。なおこの研究は地方独立行政法人北海道立総合研究機構森林研究本部林産試験場と共同で行いました。